8/31/2010

DM配り


今日は、さきらでの最後の打ち合わせで
朝一番に滋賀に行って来ました。

もう一度、会場を見せていただき、気になっていることをチェック。
さきらの会場は、リーガロイヤルより広さはおよそ倍ですが、ずどんとした長方形なので
壁面はリーガロイヤルよりかなり少ないのです・・・。
母の刺繍も、私の人形も、どうすれば広々と気持ちよく配置出来るか、
模索する日々。
けれど、折角ある大きな柱や、緩やかにアールを描く奥の壁など、
上手く利用して、なんとか自分達らしい空間を作ります。

打ち合わせで、「1日にどれくらい来場予定ですか?」と聞かれ、
それは本当に、蓋を開けてみないと分からない!
大阪でやるように、6日で千人はどう考えても難しいですが、
忙しくて満足にお話出来ない大阪より、
ご来場下さった方々と、ゆっくり時間を共有させていただける気がして、
それはまたとても楽しみだったりします・・・。
 

さきら打ち合わせ後は、滋賀のあちこちでDM配り。
今日も暑くて、肌がひりひり!
どうか、9月末の会期には、無事秋が訪れていますように・・・。

お知り合いの方々が、日々力になって下さっています。
「DM、もう少し送って!」とか、「搬入日の高所の額かけ、僕手伝えますよ!」とか、
暑い中、DMを配って下さったり、仕事のお休みまで調節して下さったり、
本当に感謝の気持ちでいっぱいです・・・。

良い展覧会になるよう、最後まで作品作りに頑張ります。

画像は、娘にいたずらされたセラフィン?
これを見て、しばし暑さを忘れ、まったりしていただけたら嬉しいです(笑)。

8/30/2010

ヴィクトリアン・ペティート




暑い暑い毎日・・・今週の大阪は、最高温度がずっと37度・・・って、
先週の36度より上がってる!!!
本当に秋がやって来るのか、心底心配です・・・。

そんな中、夜なべしながらほぼ出来たペティート・ブリュ。
後は、今晩下着を縫うだけ。



髪の色は、初めてピンクのモヘアを使いましたが、
それになんとなく合わせて、ヴィクトリアンなイメージのドレスとなりました。


デジカメで撮影して、パソコンにアップしていると
2階に上がって来た母が、
「可愛いな~いつか私も買いたいわ!」

この、小さなペティート・ブリュ、
母が持っているところが想像し難く・・・

母曰く、
「見てると欲しくなるねん。」
ということでした。

やっぱり人形って、そんなものなのかもしれませんね。
私を含め皆、元は少女だったのですから・・・。





あまりの暑さで、オーブンの前に立ちたくない・・・と
お菓子も作らない毎日。
母が白玉だんごのおやつを作ってくれました。
やっぱり、手作りはいいですね。

上に飾ったミント、もう花が咲いております。

8/28/2010

ジャスパー・ブルー




 


このシルク生地を見た時、ぱっと浮かんだのが
ウェッジウッドのジャスパー・ブルー。
そのイメージで・・・と昨年後半から作りはじめたドレスですが、
ある程度形が出来た後、今度は人形の顔のイメージとのズレが
気になりだしました。
しばらく試行錯誤した後、
「とりあえず、寝かそう・・・。」と間を置くことに。



あれから半年、いえほぼ1年弱ほど経ったこの夏、
人形の顔を再度作りなおすことにしました。
新たに出来上がった顔、髪の色・・・イメージが膨らんできた!




まだ、あちこち仮止め状態ですが、
こうなれば作業は早いのです。

背中には大きなリボンが付いていて、
横から、後ろから見ても良いバランスを
保っています。

この子は、コンポジのボディが一番相性がよく、
抱き上げるとふわっと軽い。




昨日は、人形の頭部の最後の彩色を終えたものを3つ
窯入れしていました。
朝、出来上がった顔を見るのがいつもの楽しみなのですが、
触ってみると、絵の具がはげた!?
720度で焼き上げてるのに、なんで!?

どうやら、夕方に鳴った雷のせいのよう。
瞬間、停電したようになったのですが、
その時に窯の電気も消えたようで・・・(涙)。
気を取りなおし、修正を加え、改めて窯入れいたしました。

こんなこともあるんだなぁ・・・とひとつ勉強。

8/26/2010

糸で描かれた滋賀の風景


今回の滋賀ミニ旅行の大きな目的の一つが、
「さきら」展のために母が刺した、琵琶湖の風景の場所に、
DMを届けること・・・。

その場所とは、シャーレ水ヶ浜です。
昨年ここを訪れ、私が撮った写真を参考に、母がこの作品を完成させました。

こちらが、実際の写真。
水がよく表現出来ているなぁ、と思います。
さすが、糸職人!

シャーレ水ヶ浜さんは月曜がお休みなので、
一泊した次の日訪ねると、なんと今回特別に2連休!
「どうしよう・・・」とあたふたしていると、同じくお休みと知らずに来られた方が、
一緒にお店の方を呼んで下さいました。
母の刺繍を見て喜んで いただき、快くDMを置いて下さりました。
でも、お店の中からあの琵琶湖の絶景を 見られなかったことが残念!
涼しくなったら、また遊びに行くことを誓って・・・。





そしてこちらは、彦根の「たねや」さん。
豊郷小学校見学の後、
ゆっくりお茶が飲みたくて、
初日のお茶の時間に寄りました。



お店の造りは贅沢ですね。
滋賀といえば、「たねや」ですもんね!

入り口で靴を脱ぎ、
裸足で入って行きます。


あんみつを注文。

好みとしては、
ここにアイスクリームもしくは
泡立て生クリームがあれば・・・。

チョコレートを売っている場所で、セラフィン発見!
欲しかったのですが、この暑さ、すぐに溶けてしまうので断念。


暑い暑い今年の夏ですが、
和気藹々、楽しいミニ旅行でした。


8/25/2010

豊郷小学校へ その二 


こちらは、豊郷小学校の旧図書館。
天井がとても高く、窓は大きくて採光も良く、
ヴォーリズらしい、愛と豊かさで溢れる空間でした。




実は、全く知らなかったのですが、
今、「けいおん」という人気アニメで、
この豊郷小学校がモデルとされているそうで、
聖地巡礼(!)で訪れている若者が結構いました。
中には、コスプレの人も・・・。

皆さん、ヴォーリズ建築ではなく、グッズを熱心に買いあさっていました。
見渡しても、ヴォーリズ目当てで来ているのは、どうやら我が家族だけ・・・。
こんな名建築を前に、ちょっと寂しい・・・。

透かし模様の浮かび上がる、講堂入り口。


とても横に長い校舎で、廊下の長さは圧巻でした。
皆、並んで「よ~いドン!」と雑巾がけしたのでしょうか?










もちろん現代のものですが、
ちょっとしたところに、兎と亀が・・・。


この日も、恐ろしいくらいの暑さと日差し!
けれど、綺麗な青い空に白い雲をバックに、
豊郷小学校が撮れました。

夢は、ヴォーリズ建築を生きている間に出来る限り訪ねること。
また一つ、叶った!

8/24/2010

豊郷小学校へ その一


DM配りのため、滋賀に一泊旅行をして来ました。

でも、折角行くのにそれだけじゃ・・・と思っているところ、
同行(運転手?)の兄が、豊郷小学校見学を提案してくれました。
ヴォーリズ建築ファンである私ですが、まだここには足を運んでいなかった!
 あの、憧れの「うさぎとかめ」 に出会うため、大喜びで出発!

昭和12年に建てられたこの小学校は、当時としては珍しい鉄筋コンクリート構造で、
なんと言っても、階段に配された「うさぎとかめ」のブロンズで有名です。
では、この素晴らしいうさぎとかめのドラマをご覧下さい。








どれだけたくさんの子供たちが、この兎や亀に手を触れ、
楽しいこと、悲しいことを共有して来たのでしょう・・・

長い年月を経て丸みを帯びながら、
なお、あたたかくそこにいるブロンズ像に、私もそっと触れて見ました。
ただ、感動・・・。




それにしても、なんて美しい小学校なんでしょうね。
華美過ぎず、実用性も重んじながらも温かい・・・
そんなヴォーリズの精神の生きる場所です。

その2へ



8/22/2010

黒い肌のエミール・ジュモー






この子を見た時、またもや母と娘が声を揃えて
「親善大使!」

今度はタスキは無いのだけれど、
この肌の色がそう言わせるのかしらん・・・?


最初に黒い肌の人形を作ろうと思った時、浮かんだのがこのエミール・ジュモー。
ジュモーの中でも特に美しいとされる顔です。

以前にブレヴェテに作った衣装が、どうしてもブレヴェテには太ってみえてしまう・・・と
あきらめかけていたものを手直しすると、
このジュモーにはよく似合いました。

黒い肌の子には、ゴージャスなドレスが
似合う気がします。







髪の色も、漆黒しか似合いません。
長さもたっぷりあるのが雰囲気なので、
海外で人毛のロングを探して、
昨日やっと到着。


ペチコートとドロワーズはたくさん見えるようにして、
フレンチカンカン風です。






人形の衣装を作る時、
一番気を遣うのがバランスなのですが、
この子はとても美しいバランスを保っています。

黒い肌の人形、
実際に目で見て、
その可愛らしさを実感していただきたい!


8/21/2010

セラフィンの誕生日


実は昨日は誕生日だったわん。
でも別に、いつもと何も変わらなかったわん。


世間では、犬用ケーキなんかも売ってるらしいけど、
ママは「うちはそういうことはしません。」て言ってたわん。
自分はいつもおやつ食べてるくせに、
「甘いものあげないのは、セラフィンの体のためやで!」って、
信用できないわん。


でも、みんな「おめでとう、8才だね!」って
言ってはくれたわん。
その後、
「人間で言うと、48才くらいか~!」って、
セラフィンは永遠に、心は仔犬だわん。



ということで、我が家の愛犬セラフィン(通称ふいちゃん)も、
晴れて?8才になりました。 
相変わらず、村山元首相に似ていますでしょう?

夏休み中の娘と、
あやしたり、あやされたりしながら
ゴロゴロ過ごしております。


8/19/2010

コスタンテ・アンティークス



今日は、朝からDMを持って京都へ。
まず、お友達の日本酒・ソムリエAさんとHさんのお店、
次に、烏丸のアンティーク着物「やゝ」さん、丸太町のセカンドスパイスさん・・・
どのお店の皆さんも、笑顔で快くDMを置いて下さいました。
中には、他の良さそうなお店に持って行って下さるという方もあり、
本当に有り難い限りです。
素敵なお店ばかりなので、京都にお出かけの際には、是非どうぞ!


その後は、北山のコスタンテ・アンティークスさんへ。
来月早々に、11月の作品展のDM撮りがあるので、
その打ち合わせに上の写真の人形を持って、出かけて来ました。
アンティークの椅子に座らせてもらって、喜んでいますね(笑)。


こちらのお店には、本当に私好みの家具が揃っているんです。
少し小ぶりで、繊細で女性的な彫りのあるものが多く、
見せていただくたび、溜め息が・・・欲しい・・・。


このキャビネット、本棚にしてしまうにはもったいない愛らしさ・・・
ものすごく、好きな雰囲気です・・・これも欲しい・・・!




極めつけは、
外にディスプレイされた
この小さな椅子と机!

幼い子にはもちろん、人形にもピッタリ。
お孫さんへのプレゼントにも
喜ばれそう!



オーナーの寺川さんのセンス溢れるチョイスで
集まって来たアンティーク家具たち。

滋賀・さきら展の一ヶ月後には、
こちらでまた違った雰囲気の作品展を
させていただきます。

それまでに、
素敵なアンティーク家具にご興味のお有りの方は、
京都・北山駅からすぐの、
コスタンテ・アンティークスさんへどうぞ!