11/30/2010

美男蔓



今日は、高校時代の仲良しのT子ちゃんが
庭仕事を手伝いがてら、遊びに来てくれました。
いや、もともと遊びに来るんなら、
植物に詳しいのだし、苗を植えるのを手伝ってもらおう!と
勝手にこじつけ、お願いしたのですが(ごめんね、T子ちゃん~)。

毎年、植えるものは同じ。
パンジーにチューリップの球根、
5月のジギタリス、カンパニュラにデルフィニューム・・・。

私は門にかけるハンギング作り。
長靴に割烹着持参のT子ちゃんの活躍で、
お昼ご飯の前に終わりました。

お昼を食べながら、涙あり、笑いありの尽きないお喋り。

お茶の時間には
朝一番で焼いたバナナブレッドを美味しそうに頬張るT子ちゃん。
今度はもう1本、余分に焼いとくね!

1枚目の画像は、美男蔓(サネカズラ)と呼ばれる植物で、
山野草好きのT子ちゃんが、山に分け入って採って来たひと枝。
お土産にいただきました。

テーブルに飾ると 風情豊かで
その赤く丸い実は、可愛らしくもあり・・・。

11/29/2010

ギャラリー・ジクウ22さんへ


今日は、川西市在住のOさんのご紹介で、
ギャラリー・ジクウ22さんへ初めてお邪魔いたしました。

Oさんは、長年の母の刺繍の佳き理解者。
今回は、人形を委託で置いていただくのに、
とても素敵なギャラリーがあると
ギャラリー・ジクウ22さんへ連れて行って下さいました。






扉を開けると、
こんな素敵な空間が・・・。






中央に螺旋階段が配された室内は
広々とし、壁は曲線を描きます。

椅子で囲まれた中央にあるのは
白いグランドピアノ。




喫茶もあります。
キッシュとハーブティーをいただきました。



Black & White の可愛いテリアちゃん!
実際に一緒に暮らしていらっしゃるとか。
テリアものには目が無い私、目ざとく見つけました。

さて、ジクウさんが気に入って下さったのは、この子。


 12月中にお届けする予定です。
近隣にお住まいでご興味のお有りになる方は、
是非ご覧下さい。

この後は、Oさんが古布を使ったブティックに連れて行って下さり、
とても楽しい時間を過ごさせていただきました。
Oさんともゆっくりお話でき、そのお人柄に感謝です。

初めて出かけた土地で、
素敵な出会いがたくさんあった1日。

 

11/28/2010

旅支度


幼く、愛らしいアーティー。
甘えん坊の末娘が、明日新しいお家へ。
今日はその旅支度。


このアーティーも、我が家の人形を何体かお持ちのお宅なので、
私は、安心と喜びで送り出します。

あなたの新しい毎日が待っているね!


先日、知人の方とお話した時に
「折角丹精込めて作った人形、よく手放されますね!」と
驚かれました。

けれど、作り手である私の精一杯の愛情を、
更に包み込むような大きいお気持ちで
皆さん、迎えて下さるんですよ。
それが、とても幸せで嬉しいんです・・・とお答えすると、
はぁ~なるほど・・・といった表情をされました。

そうなんですよ。
本当に、有り難いんです。

人形を作っていると
自分の心が充たされるばかりか、
人の心の温かさに触れることがとても多くて、
更に心を込めて作らなければ・・・と思います。
明日は旅立つこのアーティーの笑顔を見ながら、
そんなことを考えていました。





11/27/2010

林檎のパイ

 



パートナーの誕生日は24日でしたが、
今日やっと皆揃うことが出来たので、ちょっと遅いお祝い。




フードプロセッサーで作るパイ生地で林檎パイ。
ネットのレシピを見ながら挑戦しましたが、
パイにしてはふくらみが足らない・・・。

まあ、これはこれで美味しかったですが!




娘のプレゼントは、例年通り来年の手帖と、
胡麻豆腐・・・では無くて、胡麻豆腐型メモ帳(笑)。

パートナー曰く
「これは、封を開けられないねぇ。」


そして、私のプレゼントは狸型酒燗器?

これを見つけた時、狸ものが好きなパートナーの顔が
パッと浮かんでしまいました。
そして、日本酒を一本。


母からは、素敵なセーターを。
長身のため、なかなかサイズがありませんが、
やっと見つけました。
明日、娘と京都に出かける時に着るそうです。

私は今年は忙しくて、手編みのプレゼントを贈れませんでした。
でも、マフラーくらい・・・と、
昨夜から少しずつまた編み針を持ち始めました。
家族の誕生日は、皆優しい気持ちになれ、笑顔。
いつまでも、ケーキを焼いてお祝い出来ますように。


11/26/2010

春の準備




今朝は、また人形を一体旅立たせました。
新しいお家は、
我が家で生まれた人形を何体も迎えて下さっているので、
向こうへ行ったら、愉しい再会が待っていることでしょう。

不思議なもので、
今まで、別れの悲しかった人形はいませんでした。
温かな本当のお家に行くのだ・・・という想いの方が
寂しさよりも勝ちます。



来週、植物の好きな友人が我が家に遊びに来るので、
厚かましくも、庭作業を手伝ってもらうことに。
まだ、忙しさにかまけ、春の球根の準備もしておらず、
まずは、パンジーの苗を!と今日、買いに出かけました。

久しぶりに出かけた花屋さん、以前住んでいた家の近くのお店。
オーナーのおじさんには、
初めての展覧会の時、会場を庭園にしたくて
花をたくさん届けてもらったことも。

普通のパンジーとヴィオラの苗ばかり 選んでお会計を済ませると、
おじさん、帰り際に一言、
「あれ、見てもらえた?切花にできるパンジー。」

一瞬、「・・・来たな!」と思う。
この帰り際の一言で、買う気の無い苗を買ったことが何度か・・・。

「あぁ、あれねぇ・・・でも、パンジー一つに300円はよう出さんわ~。」
と渋りながらも、
「なかなかいい苗やで!切花に出来るしな!」
というおじさんの言葉に負け、購入。



これがそのパンジー。
う~ん、こうやって見ると、普通・・・。
¥100の苗を3つ買った方が良かったかなぁ・・・?
300円分は頑張って咲いてね。



 ベランダには、数年前に植えたガーデン・シクラメンが、
また元気に顔を出していました。
宿根のものは、年々強く、良い花を咲かせます。


11/25/2010

神戸にしむら珈琲と刺繍展



昨日は神戸へ。
以前から気になっていたギャラリーがあり、
訪ねて来ました。

そのはす向かいには、にしむら珈琲。
蔦の絡まり具合といい、レトロ感といい、入らずにはいられない佇まい。

観光客の人通りがあり、
写真は上手く撮れませんでした。
次回、もう一度!(メラメラ) 

 

 扉の向こうも、もちろん素敵です。



木製の壁面も、木彫のメニュー(分厚くて重い!)も、
こだわりがひしひしと感じられます。


お品書きも、結構なお値段。
こういう値段設定を見ると、
「これ一杯で珈琲豆一袋買える・・・」と思ってしまいます。
まあ、ローケーション代金ですね!

珈琲カップはロイヤル・アルバートのレディ・アスコット。
ずっと以前、家で使っていたレディ・カーライルの色違いです。


「お膝かけです。」と出されたもの。
ブランケットかと思えば、
ネーム入りタオルでした。
珍しい・・・。
よくこぼす母には、ちょうど良かったです。



本当は素敵な店内、もっと写真を撮りたかったのですが、
他のお客さんもいらっしゃるので、自粛。

その後は、一路江坂へ。

前回の作品展の時、お知り合いになった
北川結美子先生のお教室展にお邪魔しました。

母の刺繍を見られて、生徒さん皆にお声をかけて下さり、
刺繍を嗜んでいらっしゃる方々で、会期中会場が賑わいました。
その時にご案内いただき、
「必ず行きます。」と楽しみにしていたものです。

生徒さん皆さんが、北川先生を囲んで
楽しんで刺していらっしゃるのが感じられる、
暖かい雰囲気の展示風景。
帰りにはお茶とお菓子までご馳走になり、
二重の幸せとなりました。

そうそう、手仕事ってこういうほのぼのしたものだなぁ、と
ほんわかと帰路に着きました。


11/23/2010

クリスマス・カード



 今日は、作業の合間に
今年のクリスマス・カードを印刷していました。
毎年、どんな画像を使うかで悩みますが、
今年はフレスコ画にしようと、フラ・アンジェリコの受胎告知を。
受胎告知のテーマの絵画はたくさんありますが、
これは、色調も人物の表情も穏やかで
いまの私の心情にピッタリ。

そうそう、フラ・アンジェリコとは、
「天使のような修道士」という意味合いがあるそうです。


受胎告知と言えば、聖母マリアと大天使ガブリエルですが、
我が娘はカトリック系の幼稚園児の時、
ガブリエル組でした。

他は、イエス、マリア、ヨセフ組と3文字だったのに、
ガブリエル組は5文字と長かったので、通称「ガブ」。
他の組のお母さま方から、「ガブの子は・・・」と言われると、
凶暴な子の集まりみたいで、少し肩身の狭かったことを
ふと思い出し・・・。

小、中学校は、桜組と梅組の2クラスでした。
娘はほとんど梅組だったため、その間も、
「・・・なんか若いのに地味やな・・・。」
親心でちょっと不憫に思っていました。

もちろん、梅の花は大好きですが!

クリスマスカードからかなり脱線いたしました(笑)。



11/22/2010

マグノリアの香り





 今日は気になっていたことが一つ片付き、
やっと肩の荷がおりました。

外は雨でしたが、
今日の私は気分爽快!
少しずつ準備をしていたのですが、
人形をひとつ、旅立たせることに。
ずっと忙しくて、新しいお家の方にはお待ちいただいていたのですが、
人形も、お利口に待っていてくれたのですから、
箱に入れ、大切に抱えて郵便局へ。

荷物の中には、匂い袋が2つ。


このナチュラルカラーのレースも、
3種類に染め分けています。


第2弾から気分を変え、マグノリアが香ります。
上品で華やかで・・・
とても女性らしい香り。


「新しいお家、どんなところかな・・・?」
香りに包まれて
嬉しそうに旅立って行きましたが、
そのマグノリアの匂いは
新しいママがプレゼントしてくれたんだよ!

箱を開けたら、美しく香りますように。


11/21/2010

表情




 
人形は、「もの」であって、
「もの」では無い。

たくさんの人形と共に暮らし、
ましてやそれを
日々作っているともなると、
そう思えてなりません。




まず、表情がとても豊か。

それは、まるでこちらの心を映す
鏡のようでもあります。




ぞんざいに扱うことは、とても出来ないけれど、
腫れ物に触るような感じでもない。

もろそうで、案外強く、
私より泣き虫なようで、
実はいつも、そっと励ましてくれている・・・。

そう、
小さな友達・・・でしょうか?

モンゴメリ風に言うなら、
a bosom friend (腹心の友)。

みな、それぞれに可愛く、
愛すべき存在。


喜びも、悲しみも共有出来るような、
小さいけれど、かけがえのない人形というもの。

あなた達が大好きです。


11/20/2010

徒然に


数日前に鋏を入れた薔薇。
もう、いつ花びらを落としても・・・という頃なのに
最期の力を振り絞るかのように咲いている姿が健気で
カメラに収めました。

秋の薔薇は、春の薔薇のようにお喋りではないけれど、
気品があります。


昨夜から、クリスマスカードのための画像 探し。
もう、発送も秒読み段階。なのに、まだカードが出来ていないとは!!

手鏡に入れられたこの刺繍。
「クリスマスの12にち」 という絵本をもとに、以前、母が刺したもので、
それは娘が幼稚園の頃、お気に入りの本でした。

この図は
「一羽のうずらは梨の木に」
という場面。


今日は植木屋さんが剪定に来ました。


我が家に4本あったミモザは、大木になり過ぎて、既に2本に減らしたのですが、
後の2本も時間の問題。
無くなるのはさびしい・・・。




今年は豊作とは言えませんが、
家族で楽しむのにはちょうど良い量の
柿が生りました。



柿の落ち葉の周りには、
匂い菫の葉が、たくさん 顔を覗かせていました。



今やっと、秋を楽しむ
心の余裕が・・・。